脱毛は体のSOS



加齢が無い場合、頭髪が急に抜けるという状態はある種異常なことです。髪の毛が抜けるという状態は細胞の自殺、アポトーシスが進んでいるという事です。
人気の育毛剤について詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください
↓↓↓
育毛剤調査隊〜効果があるオススメ育毛剤は?

髪は、毒素を棄てる意味でも、抜けていきますから、有害な物質を体に取り込んだ場合でも、脱毛がおこります。顕著なのは抗がん剤による薬剤性脱毛症や、原子爆弾による急性症状です。細胞を破壊してしまうのですね。 また、先に書きました通り、ストレスや栄養不足、間違ったケア、睡眠不足でも、脱毛が起きえます。髪の毛が生えない、抜けていくのには必ずわけがあるのです。

心身症(正式名称身体表現性障害)の症状の中には、脱毛症もはいっています。この病気は機能や器質には一切問題が無いのに、様々な症状が出る病気です。子供さんが脱毛するケースが多いのですが、これは自分が感じている感情を表に出せないという特性があり、心の悲鳴を体が代弁している病気なのです。

東洋の考え方では、髪は血の余った物、血余と呼ばれています。内臓の機能、特に腎、人の生体エネルギーを司る部位の影響と解毒をつかさどる肝の影響を受けます。後は肺ですね。脱毛は、その人の気の流れがとごこおったサインなのです。ミノキシジルの項で血の巡りが悪いと脱毛が出ることも書かせていただきましたが、洋の東西関係なく髪は内臓に繋がっているのです。

薄毛は体が弱って「もっと大事に扱って」というサインであることが多いのです。他の部位にも異常は出ていませんか。生活全体を見直すことが育毛剤の効果が出やすくする秘訣です。